So-net無料ブログ作成
検索選択

SEGAWA・コタキナバル [2010 9 アジア]

2010.9.6

BWN 099.JPG
ホテル周辺を散策しました。右手の建物がウィスマ・ムルデカというショッピングセンター。

BWN 100.JPG
ウィスマ・ムルデカの1階には両替屋さんが沢山あり、地元の人で賑わっていましたが、
コタキナバルの人でなぜ両替の需要があるのでしょう? 私もリンギットが残り少なくなって
いたので、小額のUSドルをリンギットに両替しました。
米ドルについては1ドルや5ドルなどの小さい紙幣や、古い紙幣はレートが若干悪かったです。

BWN 101.JPG
ホテル前の海岸沿いを散策。南シナ海です。

BWN 105.JPG
ちょっとカラフルな漁船。

BWN 106.JPG
ウォールズのアイスクリームがありました。実はこの辺で昨夜ドリアンの屋台があったので、
挑戦してみようと店を探していたのですが、今日は見当たらなかったです。

BWN 107.JPG
SEGAWAという昔からのアパートのような建物が並んでいる商店街の中です。

BWN 108.JPG
このあたりは中華系よりもマレー系の店が多いようでした。


ウィスマムルデカ前 [2010 9 アジア]

2010.9.6

コタキナバル3日目の朝、この日は15:40の飛行機でブルネイに向かいます。
特に観光の予定もないので、ホテル周辺でぶらぶらと過ごしました。
チェックアウト時間はハイアットのゴールドパスポート会員なら14時まで延長OKとの
ことだったので、その通り14時まで延長してもらいました。

BWN 096.JPG
バイキングの朝食。ナシレマッの具があったので、それらしく盛りつけてみました^^

BWN 097.JPG
そして、やっぱりフルーツが何と言っても良いです。

BWN 098.JPG
食後に近所に散歩に出かけました。



ナシレマッ [2010 9 アジア]

2010.9.5

コタキナバル2日目の夕食は、ホテルの前にある外国人向けカフェバーみたいなところで
食べました。地元のハラルの店でもいいのですが、お酒がないのが寂しいです。
お酒の飲める店は、カールスバーグハイネケンの広告があるのですぐわかりますね。
一方、それがない場合、たいてい酒は飲めない店のようでした。

BWN 094.JPG
マレーシアの代表的な朝食、ナシレマッにしました。エアアジアの機内で予約したのに
食べれなかったので・・・

BWN 095.JPG
こちらは家内が食べたものです。



LCC搭乗の際の荷物について [2010 9 アジア]

2010.9.5

スーパーで買ったのはユニリーバのCLEARというシャンプーです。
日本では発売してない途上国向けの低価格品のシャンプーなんでしょうけど、
以前どこかの国の旅先で買って以来、結構具合が良くて気に入っています。

ただ買いたいだけ沢山買えたわけではありません。
たいていの航空会社の預け荷物は20kgまで無料ですが、エアアジアは全て有料です。
予約時にだいたい15kgで大丈夫と思って、15kgを申告して料金を払ったのですが、
日本人が使うハードスーツケースは結構重量があって、下着など
身の回りのものを少し詰めただけで12kgぐらいになってしまい、
途中で荷物を増やす余裕が無くなってしまいました。
空港で15kgを超えてると、追加で払う料金は1kgあたり1000円ぐらいかかります。

この先のフライトはジェストスター・アジア以外、すべて15kgで荷物を事前予約したので、
心配になってしまいました。ならば預けないで機内に出来るだけ持ち込むことを
考えるのですが、LCCは機内に持ち込める荷物も7kgまでの制限があります。

これまで荷物の制限を超えることを気にした事はなかったのですが、
今回は常に荷物の重さを考えながらの旅になりました。

コタキナバル散策 [2010 9 アジア]

2010.9.5

昼食後、コタキナバルの中心街を散策しました。

BWN 089.JPG
大きな広告が印象的。

BWN 090.JPG
日本統治時代まではサンダカンがボルネオ島も中心地でしたが、連合軍の攻撃で壊滅状態に
なったため再統治したイギリスはここに町を築きました。当時はジェッセルトンという地名でした。
コタキナバルになったのは1970年代からのようです。

BWN 091.JPG
センターポイントというショッピングセンターの中。

BWN 092.JPG
スターバックスで休憩しました。私はマンゴーフラペチーノにしました。

BWN 093.JPG
最後に寄ったスーパーマーケット。以前もここに来たことがあります。
早くも色々欲しいものがたくさん手に入って、飛行機の荷物の重量が心配に・・・


WIYA NASI AYAN DAN KEDAI KOPI [2010 9 アジア]

2010.9.5

午前のコタキナバル市内観光も終わり、あとは明日の午後の出発まで
ホテル周辺でのんびり過ごしました。

BWN 088.JPG
昼食は、車の車窓から見えた海南鶏飯の店に行きました。
コタキナバルのメインストリートであるJlm Haji Saman通り沿いです。

BWN 086.JPG

BWN 083.JPG
お客さんが多く、結構地元で人気がある店のよう。

BWN 084.JPG
飲み物はアイス・ミロとF&Nのオレンジジュースにしました。

BWN 085.JPG
これがここの海南鶏飯。三角に盛ったご飯と、薄めの味のスープと一緒に食べた鶏飯は
大変美味しかったです。






コタキナバル・途中で寄った中国寺院 [2010 9 アジア]

2010.9.5

ツアーの道中に、立派な中国寺院があったのでガイドさんに言って車を止めてもらいました。

BWN 078.JPG

BWN 080.JPG
先ほど行った 普佗寺よりこちらのほうが観光名所って感じです。





コタキナバル・サバ州立博物館 [2010 9 アジア]

2010.9.5

中国寺院の次はサバ州立博物館に来ました。

BWN 070.JPG
館内にはボルネオ地域の歴史、文化、自然の展示があって、特に先住民族の時代~日本占領~
イギリス統治時代~マレーシア独立と、歴史の流れについての展示が面白かったです。
(館内は撮影禁止でした)

BWN 071.JPG
屋内の展示を見た後、屋外にあるヘリテージ・ビレッジの園内を周ります。

BWN 074.JPG
ボルネオの先住民族の伝統的な家屋、田園風景が再現されていました。

BWN 075.JPG
本物の農村にいるかのような感じで、結構楽しかったです。

BWN 076.JPG


コタキナバル・普佗寺 [2010 9 アジア]

2010.9.5

市立モスクの次は 普佗寺という中国寺院に来ました。

BWN 069.JPG

BWN 066.JPG
門は沖縄の守礼門と似ているでしょうか。

BWN 065.JPG
屋根の上の龍や塔など細かく造られていました。

BWN 064.JPG

BWN 068.JPG
また、入口に大きな観音様が立っていました。



弾丸!トラベラー

昨夜の「世界弾丸!トラベラー」、ストックホルムで北欧インテリア買いまくり。

ストックホルムに行くにはカタール航空が便利なんですねぇ!

IKEAでミートボールとスイーツを食べたくなってきた(^_-)-☆

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。